兄みるきぃと弟ごまの日常、ごはんの事、たまーに猫用品のDIYなど。
プロフィール

ゆりっぺ

Author:ゆりっぺ
生まれてから20年以上ワンちゃんと過ごしてきたゆりっぺです。自分は死ぬまで犬派だと思っていましたが、ある日1匹の野良猫さんと出会い今は1000%猫派に変身してしまいました。猫初心者なのでこれからたくさん勉強していきたいと思います。

現在2匹の家猫さんと、1匹の外猫さんがいます。

☆ 猫組 プロフィール ☆


名前:みるきぃ(先住・長男)
住居:ゆりっぺ宅 3階
種類:猫・茶白・雑種
特徴:シッポが短い
誕生日:2014年6月1日

2015年3月4日、譲り受けました。
ヘタレなはずなのに毎日偉そうにお家を守ってくれています。弟のごまさんの事が大・大・大好き!!ゆりっぺよりもごまさんの方が好きなぐらいです(*^-^*)

・・・・・・・・・・・・


名前:ごま・男の子
住居:ゆりっぺ宅 3階
種類:猫・白黒・雑種
特徴:額にごまがある
誕生日:2015年6月28日(勝手に決めた)

2015年10月30日トライアル。
11月末、譲り受けました。
仔猫の時はどうなる事かと思いましたが、今はとても優しい猫さんに成長してくれました。人間の事は少し苦手ですが、猫さんは大好き。どんな猫さんも受け入れてくれそうなごまさんです。



名前:華 はな(長女)
住居:ゆりっぺ宅 3階
種類:猫・茶トラ・雑種
特徴:シルクのような毛並み
誕生日:2016年10月1日

2017年6月30日、自宅近くの公園で保護。とても人懐こく人間が大好き!遊ぶの大好き、食べるの大好きのパワフル女子。2017年夏現在、猫部屋にて修業中。どうか兄猫たちと仲良くなれますように・・・

・・・・・・・・・・・・



名前:おたま・男の子
住居:お外(?)不明
種類:猫・茶白・雑種
特徴:グルメな外猫
誕生日:不明(何歳??)

2014年6月突然現れた野良猫さん。猫には一切興味のなかった私が猫好きになったキッカケをくれた運命の猫さん。部屋に閉じ込めてみたりしましたがお家が好きではないようで無理でした・・・。今は耳カットしてごはんを食べにきています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

すみません。
本日2つめの記事です。

平日の方がブログを見てくださる方が多いかなと思って!!

熊本で頑張っておられる「にゃわん奮闘記」様のブログを偶然にも拝見しまして、私に何かできる事はないものかと思い今回はみなさまにお願いがあります。

【急募】殺処分を待つ猫さんの家族になってくださる方はいませんか?

熊本県動物管理センターの殺処分再開が決定したそうです。
4月の震災よりストップされていた殺処分が早ければ11月14日(月)より再開されます。
熊本県動物管理センターには現在180匹以上の猫さんが収容されています。



詳しくはこちら→「にゃわん奮闘記」(大切なお知らせ!時間がありません)


※11月26日(土) 東京方面へ行きます
※12月3日(土) 京都・大阪方面へ行きます


~にゃわんさんのブログより~

「今年度末までに適正な数へと減らすことを目指す」と
県庁の担当職員さんからお聞きしています

来るべき時が来たか…
こんなにたくさんの猫や犬を残したまま…

恐れていた日がとうとうやって来る…

全ての子たちを救い出したい
それがかなわない今
センターに行くことすら辛くてたまりません

もう全てを投げ出してしまいたい




里親様を募集されている一部の猫さんたち。

写真掲載されています!


また 今回募集しているのは一時預かりさんではなく

・まるまる見受けをしてくれるボランティアさま(県外でも対応します)
・家族として迎えてくれる新しい飼い主さま(県外は応相談)


の2条件に限らせていただきます。

※県外の方は基本的にトライアル期間なしの覚悟でお願いします。



抜粋では伝えきれませんので気になった方がおられましたら、どうぞ「にゃわん奮闘記」様の
ブログをご覧になってください。よろしくお願いします。支援物資も足りないそうです。

ひとりでも多くの猫さんに家族を!!

お世話していた猫さんが明日にも殺処分されるかもしれない。


殺処分されているのは熊本だけじゃありませんし、毎日どこかで小さな命が消えています。
誰かが気まぐれでごはんをあげた猫さんの命だって数日後に消えているかもしれません。
大阪だって殺処分は行われていますし、今すぐ助けが必要な命は全国各地にいると思います。


誰が悪いの?誰も悪くない?わからない・・・・・


何とかしてあげられないのでしょうか~~~~~~
檻の中で死を待つなんて、この子達は何のために命を授かったのでしょうか。
人間と同じ「命」なんです。
地球は人間のためにあるわけじゃないのに。


お外で暮らす猫さんにも過酷な季節がやってきますが、
檻の中で自由を奪われた子たちの運命を考えた時、
それはあまりにも辛すぎます。


私達もこういう現状から目をそむけずにしっかり考えるべきではないでしょうか?
私には情報拡散しかできませんが、気になる方がいらっしゃいましたら、
ぜひともよろしくお願いします。


本日は多忙によりコメント返信はできませんが、追加情報などご存じの方がいましたら
コメント欄に書き込んでくださってかまいません。
(今回は承認なしでコメント反映されるように設定しています)


どうぞよろしくお願いいたします。


201611020269.jpg


よければこちらのお話も。獣医さんが殺処分と「餌やり」について書いておられます。
「獣医のペット病院裏話」より


2016/11/11 12:14 外猫 TB(0) CM(1)
コメント
No title
はじめまして
いつもご訪問しただきまして、ありがとうございます

Facebookの方に転載させていただきました
1匹でも助かるといいですね
2016/11/11 17:12 くるみん URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://yurinekocat.blog.fc2.com/tb.php/685-df8d7a17
ブログ村 ランキング
訪問ありがとにゃち
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR