FC2ブログ

本調子じゃないの?

拍手コメントありがとうございます。

ひーちゃん、カリカリ食べてくださいよー
201807160022.jpg

具合が悪そうな時に
201807160033.jpg
これを細かく砕きかけて食欲増進をはかっていたら。

カリカリだけでは食べたくないと主張してきました。
まだ子猫やのに何贅沢言うてるねーん!今からこれじゃどうなるの?

って事で「食べないのならいいわよ」という強い姿勢でひーちゃんを育てようと決意。
ぜったいふりかけ使わないつもりだったのですが・・・

ふふふ。
201807160032.jpg
5分我慢してふりかけかけてあげたわ(それ我慢ていうのか?)

ちょっとね。病み上がりやからね。今だけ特別ね(*^-^*)
201807160012.jpg
そう言い聞かせていますが、もしかしてすでにひーちゃんに操られている?

ごまさんは何でも食べてくれるのにね。ひーちゃんワガママなのかな。
201807120022.jpg
「あのチビだけズルいにゃち・・・」

たぶんもう元気だと思うんですが
201807160044.jpg
先住トリオにタックルかけに行く事が一切なくなってしまいました。

じゃらしを振れば1時間以上遊ぶんだけどねぇ。
先住猫さんの事は飽きちゃったの?うちの子たちは若いからもっと
ひーちゃんから「遊ぼぉ」って仕掛けていってもいいのだよー。

ひーちゃん、君は子猫だからまだまだ暴れていいのだぞー
201807150018.jpg
遠慮はいらん!思う存分、暴れなさい~~~~~~(*´▽`*)

・・・・・☆・・・・・

また昨日子猫が鳴いてた。
夜だったのでどこにいるのかわからないのですが、部屋にいて
聞こえるぐらいなのですぐ近くだと思います。

鳴き声だからわからないけれど、2・3ヶ月かなぁ。。。
たぶん見て見ぬふりはできない。
でも、保護してまた里親探しできるかなぁ。。。

なんで生まれてるんやろー
女の子は見つけたら避妊しているつもりやのに。
どこから来た子なんやろ。

うーちゃんの事。

何人かの方はご存じですが、うーちゃんは今も主にケージで生活しています。
11歳の先住の子の体調が悪いので里親様がうーちゃんをケージ外に出すことが
できなくなってしまったからです。

わたしも最初は「うーちゃんがずっとケージでかわいそう」それしか考えていませんでした。
それにブログのお友達には比較的高齢な子でも子猫さんをお家に迎えたり、保護したりして
もフリーな状態でうまくやっているように思えたからです。

ケージから出さないのは里親様が神経質すぎるからだと、その方向にしか考えられなかった。

ですが、みるきぃさんの保護主様に相談した時「ストレスから命に関わる病気になる
事もあるかもしれない事」「もし仲良くなって受け入れたように見えたとしても、毎日毎日
子猫の相手に高齢猫さんが疲れきって病気になってしまうかもしれない事」をお聞きし、
なんだかとっても怖くなってしまったのです。

みんなが幸せになるために保護して譲渡しているのに、そのせいで私が無理させたせいで
先住さんの命を奪うなんて、とてもおそろしい事です。猫は話せないから、やはりそこは
慎重になるべきなのかもしれません。命を守るってそういう事なのかも。
先住の子の責任を100%背負っているのは里親様です。私じゃない。
今まで甘々に育てられてきた子が11年ぶりに見る他の猫の存在はさぞ怖いものだと思います。

正直、うーちゃんのケージは今はとてもかわいそうだと私も思っているし、心が苦しいの
ですが、きっと1年後にはフリーになっています。もしかしたら数ヶ月後にはなっているかも。
それはわかりませんけれど、フリーになる事は確かなのです。

でも、高齢の子が病気になったら未来がなくなってしまう。
もしそれがうーちゃんのせいだとしたら、私の判断ミスです。それだけは避けなければならないと
思ったので「お苦しみでしたらうーちゃんを引き取りに行けます」という連絡をしました。

結論から申しあげますと、里親様はうーちゃんも、先住さんも自分の子としてしっかりと
見ていきたいと、強くおっしゃいました。そこからもいろいろやりとりしましたが意志は固く
うーちゃんの事も大きな愛情でもって考えてくださっていることがわかりました。

そこまでおっしゃるのならもう私が「返せ」だの「引き取る」だのは言えない。
里親様が私と同等の愛情を感じてくださっているのなら任せようと決めていました。
もう1度、完全隔離からはじめてやり直すとおっしゃっていました。

その後、里親様が「引き合わせ方を間違えました」「もっとゆっくり対面させるべきだったのに」と
おっしゃっているのを聞いて、それはわたしのせいだと思いました。

私が早くふたりが仲良くなっているのを聞いて安心したかった。
仲良くなればうーちゃんはケージから解放されるし。
その事ばかり考えていて「もっとフリーにする時間を長くしないと」という言葉を里親様に
押し付けてしまったのかもしれません。

わたしはネットによくあるような「隔離部屋を作って」みたいな方法はとらずに今はいきなり
猫部屋に子猫を連れてきていますが、先住さんもそれなりにやってくれています。
でも、ホントはうちの子達もストレスかかっているのかもしれませんよね。
それを里親様に押し付けたらあかんかったわ。

トライアルで見極めてもらわないといけないので対面させて相性を見て、里親様に
安心してもらいたかったけれど、相手は生き物です。言葉の話せない、だけど感情のある。
だから、人間の思うようにはいかなくて当然だったのに・・・・

でもね。
うーちゃんの里親様はやっぱりしっかりされた方だと、信頼に値する方だと私は思うのです。
里親様決定するまでにとてもたくさんやりとりをしました。
その文面からも誠実な方だと思えましたし、丁寧に育ててくださる方だと確信したのです。
ご自宅にいる時間も長いし、完全に猫さん優先の生活を送られている方でした。
確かに少し神経を使いすぎる方かもしれませんが、それも愛情があるからこそ。

もし高齢な子じゃなければもっとすんなりうまくいってたかもしれません。
でも里親様が先住の子にそうして神経を使って守ってくださって正解なんだと思います。
そうでなくて、うーちゃんをケージから解放し、好き放題させて、先住の子の命に何か
あったら私は申し訳なくて申し訳なくて立ち直れませんから・・・・。

育て方っていろいろあります。自分の育て方が一番では決してありません。
私は仕事もしているけれど、自宅にいる時間が長いので、猫さんと遊ぶ時間を毎日
必ず1時間はとっています。甘えさせる時間もとって、猫の様子を細かく見ています。

だけど、フルタイムでお仕事されている共働きの方は不在の時間が長いですよね。
毎日は遊んであげられないかもしれません(こみるのお宅はそうです)
子猫を迎えたらしばらくは10時間ほどケージのご家庭もあります。こみるのお宅は
毎日10時間ほど狭いお部屋で先住さんと一緒に閉じ込められた状態です。

最初はそれも「えぇ。フリーにしてあげてよ(うちが1階~3階までオールフリーなので)」
と思ったけれど、それでうまくいっているのなら「あり」なんですよね。

それぞれの育て方を尊重して任せていくのも保護主として求められる事なのかなと思います。
そこに「大きな愛情」があるのなら・・・・。

でもやっぱり次からは高齢先住さんのお宅は避けるわ~~~~~~~~
うまくやれるシニアの子もたくさんいると思うんですけど、病気になったら取り返しがつかない。

いろいろ勉強になりました。

うーちゃんはきっと幸せになります!なれる!!
フリーにさせてもらえたらうーちゃんは幸せだもの。
その日が早くきますように・・・と私は毎日祈っています。

長々と書いてしまいましたが以上です。
心配してくださった方ありがとうございます。

2018-07-25 : 保護ちびーず : トラックバック : 0 :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゆりっぺ

Author:ゆりっぺ
生まれてから20年以上ワンちゃんと過ごしてきたゆりっぺです。自分は死ぬまで犬派だと思っていましたが、ある日1匹の野良猫さんと出会い今は1000%猫派に変身してしまいました。猫初心者なのでこれからたくさん勉強していきたいと思います。

現在2匹の家猫さんと、1匹の外猫さんがいます。

☆ 猫組 プロフィール ☆


名前:みるきぃ(先住・長男)
住居:ゆりっぺ宅 3階
種類:猫・茶白・雑種
特徴:シッポが短い
誕生日:2014年6月1日

2015年3月4日、譲り受けました。
ヘタレなはずなのに毎日偉そうにお家を守ってくれています。弟のごまさんの事が大・大・大好き!!ゆりっぺよりもごまさんの方が好きなぐらいです(*^-^*)

・・・・・・・・・・・・


名前:ごま・男の子
住居:ゆりっぺ宅 3階
種類:猫・白黒・雑種
特徴:額にごまがある
誕生日:2015年6月28日(勝手に決めた)

2015年10月30日トライアル。
11月末、譲り受けました。
仔猫の時はどうなる事かと思いましたが、今はとても優しい猫さんに成長してくれました。人間の事は少し苦手ですが、猫さんは大好き。どんな猫さんも受け入れてくれそうなごまさんです。



名前:華 はな(長女)
住居:ゆりっぺ宅 3階
種類:猫・茶トラ・雑種
特徴:シルクのような毛並み
誕生日:2016年10月1日

2017年6月30日、自宅近くの公園で保護。とても人懐こく人間が大好き!遊ぶの大好き、食べるの大好きのパワフル女子。先住ブラザーズともすっかり打ち解けてゆりっぺ家の一員になってくれました。

・・・・・・・・・・・・ 


名前:飛 ひー(3男)
住居:ゆりっぺ宅 3階
種類:猫・茶白・雑種
特徴:「ひーひー」鳴く
誕生日:2018年4月1日

2018年5月31日深夜自宅の駐車場で保護。保護当時は威嚇・噛みつき・引きこもりと全く人慣れしていませんでしたが、少しずつ心を開いてくれるようになってきました。兄弟の4匹は里親様にもらわれ、ひーちゃんはうちの子に。華をママに決めたようです♪

・・・・・・・・・・・・



名前:おたま・男の子
住居:お外(?)不明
種類:猫・茶白・雑種
特徴:グルメな外猫
誕生日:不明(何歳??)

2014年6月突然現れた野良猫さん。猫には一切興味のなかった私が猫好きになったキッカケをくれた運命の猫さん。部屋に閉じ込めてみたりしましたがお家が好きではないようで無理でした・・・。今は耳カットしてごはんを食べにきています。

ブログ村 ランキング

訪問ありがとにゃち

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: