fc2ブログ

なんで年末までー


公園の子。
29日、入院しました。
image_2023123022584510e.jpg

一瞬、ホントに迷った。

年末なのに~

だけど、年末は毎年やってくる。

この子の命はたった1つ。

比べようもありません。

ひどい症状です。

詳しいお話はまた年明けにでも。
イラっとした事なども含め、
年明けから愚痴満載でいきます。

その前に回復してくれるかどうかも
少し微妙なところなのです・・・・

まさか数日でここまで悪化するとは、
大人猫さんだし、すごく体型もいいし、
毎日栄養満点のごはんだし、
思ってもいませんでした。

今日も明日も面会へいきます。


大晦日ホンマに忙しいで。


全てこなせるか?

というわけで、
バタバタしておりますので
この辺で。

今年も愚痴だらけのブログを
お読みくださりありがとうございます。

私からみなさまのブログには
お邪魔できていないのですが、
ずっとずっと読みに来て下さるみなさま。

応援してくださっているものと
勝手に思っております。
*アンチもいるのかしら・・・?

ありがとうございます。

来年も同じような感じのブログに
なる予定ですが、
マイペースに(一応マイペースなつもり)
活動していこうと思いますので、
また愚痴を見にきてください。

来年もどうぞよろしくー!


2023-12-31 : 外猫 : トラックバック : 0 :

ごまの幸せ


昨日のこと。

ゆりっぺ母はお洋服を作るお仕事をしています。

フルオーダーメイド。
体型にあわせ型紙から母がおこします。

生地はお客さんの持ち込み。

今は着物のリフォームが多いのですが、
お金をかけてオーダーしたい人は
思い入れがある着物だったりするわけです。

その仕事部屋にですね・・・

ごまさんが閉じ込められていたんです。

当然ながらごまは入室禁止です。

なのに、何かの拍子にごまが侵入して
気づかずに部屋をしめて
数時間別の部屋でくつろいでいた母。

ごまが部屋に入っている事に
気づいたのはわたし。

母は顔面蒼白。

マーキング、案の定いろいろな所に
していたごまですが、
幸いな事にお客さんの着物には
ぎりっぎりかかっていませんでした。

型紙にはべっちょりマーキングされて
いましたが、作り直せるから大丈夫らしい。

ごまが悪いわけじゃないのは
わかっているんだけど
マーキングは本当に大変な癖。


今考えるとごまにとっては、
みるきぃさんとふたりでいた時が
一番幸せやったのかなぁって
思ったりします。

私も保護活動なんてしなくて、
ふたりだけにたくさん時間と
お金を使ってあげられて、
楽しい事もたくさんして・・・・・

今のごまとは違うごまだった。

すごく複雑だけど、
私がいなければ助からなかった子が
いるのも事実で・・・

この子とか。
20231225.jpg


保護当時こんな感じだった
20231225 (2)
あのままお外だったら今は命がないかもしれない。


私にしかできない事をしたと思ってる。
20231225 (6)
がんばってきた顔。


頑張らなくていい顔
20231225 (1)

はぁ子を救えてよかった。
心からそう思う。

こんな面白い子はまだ天使になったらあかん。

私はここまで活動を広げるつもりは
一切なかった。

常に「うちの子一番」
その上で「できる範囲でボランティア」

それがモットーやった。

ただ関わった地区がひどすぎた。

ボランティアもいない。

いてもめちゃくちゃ適当。

TNRも5割やったら
「全部わたしがやった」
って言い切るボランティアたち。


そんな地区に関わってしまい、
私の性格上、中途半端で終わる
わけにはいかなくなり、
こんな事になってしまいました。


だから保護活動する前からうちの子である

みるきぃさんと
ごまさんに

ごめんね・・・

いつもそう思ってる。

2023-12-29 : 外猫 : トラックバック : 0 :

外より苦痛


風邪っぴきの子。
20231224 (1)
やっと少し食欲が出てきた。

痩せてないし、
具合は下降傾向ではないから
大丈夫だと思ってる。

これは別のキジトラ
20231224 (2)
この箱にカイロを入れて雨宿りのスペースに設置しています。カイロは毎日交換してるよ♪

入った形跡はいまのところ無し。苦笑
不審な物体やと認識されているもよう。


と、思ってたら
今度は別の子が食欲不振。

昨日まで食べてたのに。

こちらの子は触れない子。

薬を入れたごはんを
持って行ったけど逃げていった~

明日は飲ませたい。

風邪はひきはじめの治療が肝心。
人間もそうやけど、猫も同じ。
外猫だったらもっと気をつけて
あげないとアカンと思います。

私がTNRを手伝っている餌やりさんの
外猫たち、数匹出てこなくなったらしいです。

出てこなくなって1週間。

最後に見た日は
鼻水でガビガビで目もグジュグジュで
急いでお薬を飲ませたらしいけれど、
ごはんは一切口をつけなかったらしい。

そうなる前にぜったい兆候ってあるし、
その時に薬飲ませないとね・・・・

外猫は辛いね。

この時期すごくすごくそう思いますが、
それでもやっぱり
保護するのなら個性にあった環境を
最低限整えてあげなければ
その「保護」は猫のためには
なっていないと私は思っています。

多頭が苦痛な猫はいます。

それは過酷なお外より苦痛だと
感じるほどの「苦痛」です。

ゆきちゃんとかね、
ノリとかね。

外でみていた時の方が
ずっとずっと、
何百倍もイキイキとしていました。

ゆきちゃんにいたっては
動いていたから筋肉もしっかりあって
太っていました。

寒い寒い冬の日でも喜んで
ニャーニャー言って走ってきてた。

今はほとんど動かないので、
食欲も細いし、筋肉がやせています。

今はずっと空調がついていますが、
風邪をひくこともありませんが、
イキイキしている表情を見る事は
一切ありません。

「穏やか」といえば聞こえがいいけれど
私は外でのあの子達を知ってるから・・・


クローズアップされないだけで、
他にもそういう子いるんだろうなって、
団体さんや活動家さんの
多頭保護の環境を見てしまう・・・・

茶太郎の現場にあった罰当たり?なモノ。
20231224 (3)
誰かが破壊していました。


茶太郎、イヤやね、こんな事されて。
20231224 (4)
嫌がらせに決まってるわ。


必死に頑張って生きる子達に
なんで優しく接してあげる事が
できないんだろうって思う。

猫が嫌いならそっとしておいて。

この子達がどんな迷惑をかけてるっていうんだろう。

弱者に嫌がらせをしてストレス発散している人たち。

いつか天罰がくだるからね。
覚悟しときーや。

20231224.jpg


三毛シロさんもいるよ~
20231224 (5)
誰も痩せてないのが嬉しい。


2023-12-27 : 外猫 : トラックバック : 0 :

ぜろ


新しい携帯が来たのだけれど、
データ移行が思うようにいかず。

めちゃくちゃ不便なんですが・・・

シェルターの空調の遠隔操作も
できない。設定早くしなければ。

イブの捕獲。
0匹でした・・・・・

未手術の三毛さんは2匹
確認できた。

まだまだいそう。

だけど、置き餌を食べているため
警戒心が強くてなかなか。

来年に持ち越す事になりましたが、
こりゃ子猫産まれるな。

この現場だけじゃない。
他にも子猫が生まれそうな現場がある。

この地区、ホントにやばすぎ。

この地区っていうのは、
いま公園が閉鎖になっている
同じ「区」なんですけどね。

動く人が少なすぎるのに対して
手術を積極的にしない餌やりさんが
多数いらっしゃる。

という事はカットのない猫さんが
多いという事で先を考えると
気が遠くなるのだけれど、
できる事をしていくしかない。

他の人の現場はそれでやっていく。

私は自分の現場が一番心配。

ちなみに、お正月は工事がお休みだけど
鍵をもらっているので余裕で餌やりに
通えます♪

工事が休みだからゆっくり
猫達に付き合ってあげられる。


この子、調子悪い。
20231223 (2)
見た感じ、鼻水とかほっとんど出ていないし目やにもないのだけれど、食欲がほぼないのと、おそらく鼻がつまっているのでそういう息づかいをしています。

お薬飲ませてるけれど
もしかしたら吐いてるかも。

今までの貯金があって
痩せてはいないけれど
このまま食べなければ
体力がもたない。

すごくすごく心配しています。

だけど、いま温かい部屋にいれて
体調が良くなったからお外へって
そんなこと、私にはできない。

特にこの現場に戻す事って
できないと思います。

だから部屋にいれる時は
保護を決めた時。

リリースされた子達を
見守って行くのって
心が大変な毎日ですが
もっと図太くならんと
あかんなって思うの。

じゃないと、
猫を守れない。

いろんな意味において図太く。

昨日、カイロを入れて公園に
箱を置きにいきました。

関係者の方に
何か言われたらそれはその時や。

あと数個、持っていこう。笑

一番体調の悪い子が
入ってくれたらいいねんけど・・・
2023-12-25 : 外猫 : トラックバック : 0 :

正式譲渡


やっと新しい携帯を買いました。
ネットで。
めっちゃ安くなってたから。
これはぜったい「買い」だと。

ただ機種変の設定をまた自分で
1からしないといけないのが
とても心配です・・・・

とりあえずは電話とLINEとPayPayが
使えたらそれでいいや。


黒猫で片目のととちゃん。

正式譲渡になっています。
先住さんとはまだ少しだけ
距離があるのですが、
子猫同士だからきっときっと
仲良くなってくれると思う!

時々、ママの近くで一緒に
寝たりしているみたいです♪

とてもとてもありがたいです。


あのままお外だったら
確実に生きていけなかった子。

ととちゃんの保護依頼は
依頼者の家の前まで伺い
そこでととを私のキャリーに
移したのですが
その時に依頼主さんから

「私にも何かできる事があったら言ってください」

って言われたんです。

丸投げ、1円ももらっていません。

その時のととは両目がつぶれていて
誰の目にも医療が必要なのは明らかです。

その子を私に手渡しておいて、

「何かできる事があったら」

って言葉、意味がわかりません。

1円も出さない人に何ができると
いうのでしょうか?

確かにその人は餌やりさんでも
なければ、猫が好きな人でもない。

だから、責任があるとは思わない。

だけどお金を出す気がないのなら
「できる事があったら」なんて
言わなくていいのに。

凄く意地悪な言い方だけど、
猫に接した事もないし、
接する気もないお方に
医療費の協力以外に
何ができますか?

たとえ1000円でも頂けたら
こんな風には思わない。

だけど、その前の「いちご兄弟」の
時も1円ももらってない。

その時も3匹とも目がつぶれてた。

医療費10万超えです。

次はとと。
それでも1円も出す気がない。

そんな状況で「できること」なんて・・・

「ふっ」って鼻で笑っちゃいそうになりました。
(性格ワルっ)

言わなかったら特に記憶にも
残らないし、むしろ
「何もできなくてすみません」って
素直に言ってもらう方が潔い。


1円も出す気がないのに優しい風な
お言葉を発した事にモヤモヤした。

ずっとずっと引っかかっていました。

でも、そういう気持ちも
ととが幸せになってくれたら
半減されます。

ととちゃん、
うーんと幸せになれ!!!

昨日、茶太郎のところへ行ったら・・・

こんなモノが目に飛び込んできました。
20231223 (1)
ナニコレ。。。

しかも後ろにある器は
茶太郎達のお水入れ。

こんな場所には置いてません。

わざわざここに器も移動させて
なんのつもりやろ?

ここに猫達がいることを知っている
人間の仕業だと思います。

最初にみた時、
なかなか茶太郎が出てこなかったので、
ドキドキしてしまいました。

だけど、茶太郎は誰の手にも
捕まえられるような
簡単に捕まる子じゃないって
私が一番知ってるから
きっと大丈夫って思ってたら
いつもと同じようにのっそり現れた。
20231223.jpg

片付けようかどうか迷ったけど
なんか触りたくなかったから
そのままにして帰ってきてしまった・・・

誰か片付けてー!!


今日はまたまた捕獲です。
6匹予約してますが、
餌やりさんによると
最近は耳カットないのは
2匹くらいしか
出てきていないそうです。

でも三毛もサビもいるらしい。

うーむ。。。

とりあえず頑張ろう。

クリスマスイブまで捕獲って・・・

トホホです。

2023-12-24 : 外猫 : トラックバック : 0 :

まだまだいる


めいぴーさん、いつもお優しさをありがとうございます。


仮眠スタイルでしっかり起きて
早朝TNR行ってきました。

しかし捕まったのは2匹・・・・
image_20231219221324717.jpg

未手術の猫は多数確認。

この現場の問題は
餌やりさんがほんの5分ほどしか
現場にいられないこと、
(次の餌やり現場に行くから)

それから、住民さんも
置き餌などをしていて、
その住民さんは捕獲に関して
一切協力してくれそうにないお方
だそうです。

その住民さんが置いたごはんに
細身の猫達が群がっているのを
発見し、すかさずそこに捕獲器を
仕掛けましたが誰も入っては
くれませんでした。

がっかり。。。

だけど2匹とも女の子だったから
良かったと思います!!

未手術、少なくとも10頭以上。

これからどうやっていこうかな。

考え中。

その捕獲の最中に、
どうみても純血種のモフモフっこが
ごはんを食べに来ようと
路地にいたんです。

だけど、鈴がついた首輪をしていたし、
見た感じガリガリでもなければ
生き辛そうな感じも私は一切
しなかったんです。

だから、迷子じゃないだろう、
おそらく飼い主が外に出したり
家に入れたりしているのではないかと
瞬時に判断しました。

でーもー!!!

一緒に捕獲を手伝ってくれた
人がですね
悲壮感漂わせて、

「何あの子ぉ~~~~」

ってすぐに捕獲器をセットしたんです。

いやいや、待てーい!

「捕獲してどうするん?」

って聞きました。

「保護して手術する」

って仲間が。

なんでやねんっ!!

首輪もしていて、
痩せてもいないし、
モフ子の毛並みは
しっかりモフっとしていて
毛玉もなさそう、
見た感じ全く生活に
困っている様子はないのに
そんな首輪のした子を
捕獲して保護したら
それ誘拐ちゃうんか?

私はそう思ったので、
少し強めに言いました。

どうしても保護したいのなら
まずは動物管理センターに
迷子猫の確認を取って、
該当がなければ
住民さんに聞き込みをし、
それからじゃない?

非常にややこしいけれど
所有権の問題があります。


後でわかった事ですが、
モフ子はやはり住民さんが
仕事の間、外に出している
飼い猫さんだったんです。

セーフ!!


首輪が印やったんやね。

モフ子が未手術なのかは
わかりません。

事故に遭う危険性があるのを
飼い主が承知してるのか
朝から外に出して何か
あったらどうするのか?

それはすごく思います。

だけど飼い猫さんである以上、
依頼もされていないのに
私達が踏み込む事なんて
できますでしょうか?

私はそこまでしたいと思わん。

ボランティアの領域こえてる。

それならもっと困っている子達に
手を差し伸べたいと思う。

私の身体が1つである以上、
お節介すぎる活動は
私のやりたい事とは違う。

そう思っているので、
この問題に私はこれ以上は
踏み込みません。

帰ってきてからすぐに
シェルターに行って、
公園の給餌にも行ってきました。
image1_202312192213261f5.jpg
夕方から雨が降っていたけれど・・・・

冬は本当に過酷。
猫にとって一番辛い季節が冬。
そして冬の雨や雪。

辛い辛い季節。

間違いない。



2023-12-20 : 外猫 : トラックバック : 0 :

早朝捕獲だ!起きろー


月曜日の朝もめっちゃ寒かったけど
火曜日の早朝も寒いんやろなぁ?

最近は6時すぎてもまだ暗い。
朝4時なんて真っ暗よ。

あーイヤやなー
外で寒いのイヤだなぁー
手も凍える。
あかぎれひどくなるわ。

ピアノ弾けなくなる。

って、どんだけ愚痴言うねんっ。


でも猫達は毎日その寒い中
ごはんが来るのを
待ってるねんもんなぁー

大変な毎日。

外猫は本当に過酷だと思う。

それを支える餌やりさん。

感謝しかない。

どうかずっと元気で・・・・

そう願わずにはいられない。

私にできるのは
ちっぽけなお手伝いだけど
がんばらねば。


やっぱ捕獲は暖かい時期に
しないとキツいわ。
猫もかわいそうやし。

とりあえず起きれますように。
また仮眠スタイルで寝なあかんな。


はぁ子が遊ぶのを
20231219 (3)
下で見ているトムちん


「あんた。何見てんのよ」ってはぁ子が
20231219 (2)

その後も楽しそうに遊ぶはぁ子を
見ていたトムちんでしたが、
突然はぁ子を叩きに行った。
20231219 (4)
はぁ子はそれはそれはすごい
威嚇でお怒りになりましたが、


たぶんトムちんは
「オレにもできるんやぞー」
って言いたかっただけではないかと。
20231219 (1)
里親募集、今すぐかけたい気持ち。

だけど、このままでは
里親様が苦労されたり、
心配になったりするのではと思う。

それでトライアルが失敗になり
ご縁を逃すのは勿体ないし、
もう少し人間との生活を
信頼してくれてから・・・って
思ってるねんけど
そんな事いうてたら
月日だけが過ぎてしまうよなー

今月中に1度、募集かけよかな。


あひる
20231219.jpg
ひー坊のママ。元気です。

2023-12-19 : 外猫 : トラックバック : 0 :

起きられたわ~


早朝捕獲。
起きれたというか、
ほぼ寝ていないというか。

布団に入ったら熟睡すると思ったので、
布団に入らずに寝たら
無事に起きれました。

2ヶ所あって1ヶ所は捕まらず。

1ヶ所はお世話している人が
捕まえてくれたのでラクでした。
IMG_20231216_144327.jpg
この子は私が4月に保護するはずだった子。

無事に成長してTNRとなりました。

4月末、依頼主に情報をもらって
次の日に保護に向かったのに
前日までいた親子の姿はなく、
ママ猫がどこかへ
移動してしまったという
とてもとても残念な結果でした。

職員さんたちが子育てしている場所に
頻繁に見にいってしまったのが
原因だと思います。

その後、子猫は成長して、
施設の周辺で生活し、
甘えたな子になって、
とある施設の職員さんたちに
可愛がられています。

その施設の理事長から
手術を依頼されました。


あの時保護できていればという思いは
ずっとずっとありますが、
手術してあげようって思う人に
お世話されている子達は
不幸じゃないと思います。

子猫が生まれようが、
その場所に猫が増えていようが
何もしない人もいる。

自分の都合のつく日だけ
餌やりして満足している人もいる。

その子がこれからどうなるのか
気にする事すらしない人に
お世話されている子も、
日本にはたくさんいます。

こうして気にかけてもらえる外猫は
不幸じゃないって思います。

お家の中で
可愛がられている子達と
比べたらやっぱり不憫になりますが、
そこだけをクローズアップしてたら
この活動続けられへんから。


明後日はまたまた早朝捕獲。
今度は30分早まって朝5時から。
朝4時に起きないとあかん。

三毛が2匹、サビが1匹。
この3匹の未手術は確認済み。


寒い日の早起き。

とっても苦手・・・・・

がんばれ~
起きろ~

餌やりさんすごいよね。
こんなに寒い日も
毎日早朝から・・・・

ホンマに真似できへん。
1週間餌やり代行してって
言われてもぜったいに
起きられない自信がある。

私は1日だけやから。

だから頑張っておきなアカン。

あんな場所で増やしたらあかん。

里親様から送られてきた黒アンちゃんです♪
IMG_20231216_144327_202312172226222f3.jpg
ブログに書いたか忘れちゃったのですが、黒アンちゃんは里親様が決まり5月にお届けしました。

ただお届けしてから2週間、自分から食事を取らず、私も里親さんもとてもとても心配して、里親さまは通院もしてくださいました。点滴とビタミン剤を注射。それでもごはんを自分から食べない黒アンちゃん。

だけど、具合が悪いようにはどうしても見えないと里親さまが。

環境の変化によるストレスだろうとは思ったのですが、大変だったのは里親さまです。

カリカリはもちろんのこと、ウェットも自分では食べようとしないので、毎日黒アンちゃんが好きそうなウェットを買ってきては、スプーンで口元へ運んで、

「今日は1缶何とかスプーンから食べてくれました」

「今日は自分から2口だけ食べてくれました」

そんなご報告をもらっていました。

里親様の努力が黒アンちゃんの心の扉が開かせ、少しずつ自分で食べるようになり、今では少し太りすぎたかもと里親様から報告を頂いています♪

「とても幸せです」

と、里親様がおっしゃってくださる事がめちゃくちゃ励みになります!

保護が全てではないけれど、保護でしか助からない命がたくさんある。

病気になってから保護するのではなく、元気なうちに保護して里親様につなげられたら最高。

保護は本当に大変。

特に大人の猫さんはポンポン決まるわけじゃない。

だけど、1匹ずつでも・・・・

その気持ちは今でも変わりません。

2023-12-18 : 保護猫 : トラックバック : 0 :

雨らしいけど捕獲できる?


今日は捕獲やで~
朝5時半からやで~

そして捕まるかという問題も。
雨みたいやから・・・
大雨やったら中止かな。

ととちゃんのトライアルは
一応順調です♪

「自家繁殖」というのは
お家の子の避妊去勢をせずに
生んでしまった子達の事。

ととちゃんの先住さんも
そういう方から譲り受けられて
いるのですが、
それが絶対悪だと私は思いません。

自家繁殖そのものは
「なんで避妊しないの?」って思うし
私の里親様にもNGを出しますが、
客観的に見て絶対悪だと思わないし、
生まれた子をママに育ててもらって
募集をかけて、お金儲けのためでなく
可愛がってもらえる人に
譲るというのは一般的には
すごく悪い事ではないよね?

お金儲けのために、
動物を物扱いするブリーダー、
私の中で悪徳ブリーダーは絶対悪。


ペットショップから迎えられた
先住さんのお家に譲渡にも
行きますが、純血種を飼われた
里親様が悪いとも思いません。

だけど、知ってほしいと思います。

その子達の親がどんな目に
あわされているのか?

汚いケージで一生
子供を産ませ続けられる。

そんなひどい事ってありますか?

想像するだけで辛い・・・・


ペットショップで迎えるとは、
そんな奴らの手によって
お金儲けのために生まれた
子達を買うってこと。

その子の命と引き換えに、
そういう事をしている奴ら、
動物に対して心ない人に
お金を渡しているということ。

そのお金で、その人たちは
贅沢したりしているんです。


過酷な環境で生きる
外猫の方がまだマシだと
思われてしまうくらい、
ブリーダー達に捕まった
ママ猫たちは
この世で一番不幸な子達・・


私はそう思っているし、
そんな事をしている人を
儲けさせる商売はこの世から
なくなればいいと思っています。


公園の子達も本当に大変な日々。
image3_20231215150957b87.jpg
事の大変さに気づいていない?子達なので、好奇心旺盛です。


9月初旬までこんな感じだったのが。
image2_202312151509563f9.jpg


今はこれ。
image_20231215150952481.jpg
全く同じ場所です。

この工事が行われている時もここでごはんを食べていました。
image1_2023121515095535f.jpg
というか、ここしか安全な場所がありません。

わざわざ猫達の給餌の場所としてここを工事関係者の方が確保してくださっています。コーンの手前が安全地帯。

ただここもいつかは必ず解体工事になります。

その時にどうするか・・・
ずっとずっと悩み考えていますがいくら考えても答えが見つからないからその時その時に対処するしかないのだと思います。

ただ1点。

絶対にこの子達を見捨てない!
それだけは約束しています。


2023-12-16 : 外猫 : トラックバック : 0 :

疲れ切ったぜ


ととちゃんのお届けの日。

どどどっと家の用事をすませ
うちの子達のお世話もして
朝8時にシェルターへ。

それからいったん帰宅して、
ととをキャリーに入れて、
自分の朝ご飯も食べず、
30秒で着替えをして、
「さぁ!出発」って思ったら
1通のLINE。

里親様から。

「先住が輪ゴムを誤飲してしまって今から病院へ行きます。朝10時には帰ってこられないかもしれません。また連絡します」

えぇ~~
うそやろ?

1度目はケージが届いていないからと前々日にキャンセルになり、今度は当日ですか?

ほんっとマジで疑った。
長期間にわたるドッキリなのか?
新手の嫌がらせなのか?

でも文面ではずっとずっとお迎えしてくださる本気度は私に十分伝わっていて、自分の直感を信じようと思った。

連絡を待ってから出発してたら私は自分の仕事に間に合わなくなるか、時間的にパッツンパッツンすぎるので、

「いま、病院ですか?こちらから1時間以上かかるので今から家を出ます。着いたら近くで待機するので診察が終わったら連絡ください」

ってLINEしてお宅まで向かいました。

結果、ちゃんと里親様はお迎えしてくださったし、ホントに先住さんは輪ゴムを飲んでしまっていたみたいだし(大事には至りませんでした)嘘偽りのないお方でした。

ただ、ちょっとなんとなく天然さん?な里親様・・・?
(失礼な言い方ですみません)

どこか、ぼ~っとしているようにも見える。

でも、猫愛はしっかりお持ちだと思った。

お部屋にはオモチャがあふれていた。

そして先住さんがめたくた可愛かった。
image3_20231214224157b17.jpg
6ヶ月齢だそうです。


私が猫さんを見る時、
ほぼ里親募集目線に
になってしまうのですが、
この子はすぐに決まりそう!って
見た瞬間思った。

って、なんでそんな目線。笑

職業病じゃないけれど、
ボランティア病とでもいいましょうか。

6ヶ月齢だけど、
すぐに決まりそう!って思うくらい
実物はもっともっと可愛かったです。

それなのに、
なんで片目のないととちゃんを~?

すっごく不思議だったので伺ったら
「一目惚れです」って。

えぇ~
ほんとに~~?

まあ私はとてもありがたいのですが。

先住さんは茶白が良くてこの子に
ご応募されたのですか?って
伺ってみましたら、違うそうです。

自家繁殖の猫さんで、
兄弟全部募集がかかっていたけれど、
残ったのがこの子だったと。

これまたえぇ~?
こんなに可愛いのに?

写真写りが悪かったと里親様。

そうなのかなぁ~?
こんなに可愛いのに?
(しつこい。笑)

誰もお声がかかっていなくて
残っていた子に応募しただけって
おっしゃっていました。

なんて良い方なんだ・・・・♪

もしかしたら、人気のある子に応募して
あれこれ精査されて
待たされて振り落とされるのも
ちょっと面倒だったのかもしれないです。

それでもいいよ!

こんなに可愛い先住さんがいて、
若いママさんで、
お仕事もされているけれど、
ご不在時間は長くても4時間くらい、
ケージも立派なのを用意して下さり、
ケージの中には自動給水器も設置され、
おトイレも新品だし、
すごくすごく丁寧に育てて下さりそうな予感。

ありがたすぎます。
image1_20231214225013797.jpg

どうかどうか
トライアルがうまくいって、
先住さんと仲良くなって
幸せになってほしい。

せっかく産まれてきたのだから、
片目で頑張って生きてきたのだから
幸せになってほしい。
image4_20231214225817341.jpg

ととちゃん、がんばれ!!!

めちゃくちゃ疲れたけれど、
お届けできて良かったです。

あとは土曜日の早朝捕獲やな。
起きられるか心配や。

早く寝たいけれど、
金曜日は遅くまで仕事で
早く寝る事もできへん。

ほんとに疲れますが、
がんばります。

2023-12-15 : 保護猫 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

ゆりっぺ

Author:ゆりっぺ
生まれてから20年以上ワンちゃんと過ごしてきたゆりっぺです。自分は死ぬまで犬派だと思っていましたが、ある日1匹の野良猫さんと出会い今は1000%猫派に変身してしまいました。猫初心者なのでこれからたくさん勉強していきたいと思います。

現在2匹の家猫さんと、1匹の外猫さんがいます。

☆ 猫組 プロフィール ☆


名前:みるきぃ(先住・長男)
住居:ゆりっぺ宅 3階
種類:猫・茶白・雑種
特徴:シッポが短い
誕生日:2014年6月1日

2015年3月4日、譲り受けました。
ヘタレなはずなのに毎日偉そうにお家を守ってくれています。弟のごまさんの事が大・大・大好き!!ゆりっぺよりもごまさんの方が好きなぐらいです(*^-^*)

・・・・・・・・・・・・


名前:ごま・男の子
住居:ゆりっぺ宅 3階
種類:猫・白黒・雑種
特徴:額にごまがある
誕生日:2015年6月28日(勝手に決めた)

2015年10月30日トライアル。
11月末、譲り受けました。
仔猫の時はどうなる事かと思いましたが、今はとても優しい猫さんに成長してくれました。人間の事は少し苦手ですが、猫さんは大好き。どんな猫さんも受け入れてくれそうなごまさんです。



名前:華 はな(長女)
住居:ゆりっぺ宅 3階
種類:猫・茶トラ・雑種
特徴:シルクのような毛並み
誕生日:2016年10月1日

2017年6月30日、自宅近くの公園で保護。とても人懐こく人間が大好き!遊ぶの大好き、食べるの大好きのパワフル女子。先住ブラザーズともすっかり打ち解けてゆりっぺ家の一員になってくれました。

・・・・・・・・・・・・ 


名前:飛 ひー(3男)
住居:ゆりっぺ宅 3階
種類:猫・茶白・雑種
特徴:「ひーひー」鳴く
誕生日:2018年4月1日

2018年5月31日深夜自宅の駐車場で保護。保護当時は威嚇・噛みつき・引きこもりと全く人慣れしていませんでしたが、少しずつ心を開いてくれるようになってきました。兄弟の4匹は里親様にもらわれ、ひーちゃんはうちの子に。華をママに決めたようです♪

・・・・・・・・・・・・



名前:おたま・男の子
住居:お外(?)不明
種類:猫・茶白・雑種
特徴:グルメな外猫
誕生日:不明(何歳??)

2014年6月突然現れた野良猫さん。猫には一切興味のなかった私が猫好きになったキッカケをくれた運命の猫さん。部屋に閉じ込めてみたりしましたがお家が好きではないようで無理でした・・・。今は耳カットしてごはんを食べにきています。

楽天のお買い物



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問ありがとにゃち

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QR